実録 ウワサの真相を徹底検証 無料婚活サイトのウソ・ホント 独身男性必見の婚活サイト情報まとめ

婚活難民ってなに?

意識の高い人ほど注意!婚活難民にならないために

婚活をしていると、男女ともによく出会う婚活難民たち。婚活難民は積極的に婚活をしていくものの、次第に婚活自体に疲れを感じてしまい、結局出会いも結婚もあきらめていく人たちだ。

婚活難民と呼ばれる人たちは、自分の理想とする結婚像や相手に求める水準が高すぎる傾向がある。

そう上手い具合に容姿端麗で、高学歴で、収入が高くて、家柄も良くて、優しくて、自分だけをいつまでも見ていてくれる人なんて見つかるわけがない。もっと現実を見つめようよ、とアドバイスすらしたくなる。

理想を妥協することだって、婚活で時には必要だ。そもそも妥協じゃなくて、どうして相手と一緒にこれから幸せを創っていこうって思わないのだろう。相手への理想=依存になっちゃうと婚活は上手くいかないものだ。

婚活難民になりやすい人には、ある一定の傾向があるから、要チェックしてみてくれ。まあ、偉そうに言う俺自身が婚活難民一歩手前だから、もちろん自分への戒めの意味も込めているぞ。

婚活難民になりやすい人の傾向

【その1:理想が高く夢見がちな人】
長らく彼氏や彼女がいない人が陥りがちなのがこのパターン。彼氏・彼女がいない歴が長くなると理想が高くなってしまいがち。婚活サイトや結婚相談所で出会いがあっても、「自分の理想と違う」といって相手をよく見ないまま出会いを繰り返し、交際にまで発展しないため、婚活難民になりやすい。

【その2:焦らない=必死さが足りない】
待っていればいつかきっと相手が現れると思っていてはダメ。結婚するには努力も大事。「この人を逃したら次がない!」くらいの必死さでアピールする必要もあるんじゃないかな。あまりしつこくてストーカーになってはまずいけどね。

【その3:合コンやパーティ三昧でお腹いっぱい】
合コンや婚活パーティばかりに参加していると、本来の目的を忘れてイベント自体が楽しくて仕方なくなってしまい、結局真剣な出会いに発展しないことも多いぞ。

挙げていけばまだまだ婚活難民になりそうな傾向はあると思うが、裏を返せば現実を見据えて婚活すると、結婚できる人に巡り会える可能性は充分にあるはずだ。